子供にとってはとても痛くて辛い口内炎。

特に小さな乳幼児の場合は自分から症状を訴えることが出来ず、分からないうちに長引かせてしまったり重い症状になってしまう事もあります。

 

ここでは子供が発症しやすい口内炎とその原因、また治療方法と家族の方の対処の方法について見て行きます。

子供が発症しやすい口内炎は意外と多く、大人がかかる口内炎よりもたくさんの種類があります。

 

多くは口の中の外傷や体力の衰え、抗生物質の連用や栄養の偏りが原因のものですが、中には発熱を伴い感染性のあるウイルス性の口内炎もあります。

感染性の高いウイルスによる口内炎は、単に治療だけでなく感染を防ぐためのいろいろな対処が必要になります。

感染性が無い子供の口内炎

 

口の中の傷や火傷などが原因のカタル性口内炎

 

小さな子供さんは口の中の粘膜をずっと噛み続けていたり、歯の一部が粘膜に接触し続けて口の粘膜に炎症を起こしてしまうことがあります。

また、熱い物を口に入れて火傷をしたり、口の部分をどこかにぶつけて口の中を傷つけたりする事もあります。

 

このような歯と粘膜との摩擦や火傷、外傷が原因でカタル性口内炎になる事があります。

カタル性口内炎は炎症の起こった粘膜からカタルと呼ばれる粘液が滲み出て、赤い斑点を伴う腫れが広い範囲に拡がります。

炎症そのものの痛みはさほどでもない事が多いですが、ヒリヒリと灼熱感があり、冷たい物や酸度の高い果物や野菜を食べると非常に強くしみて、口全体が痛くなると言う特徴があります。

このような状態になりますと、当然子供さんは食欲が落ちてしまいます。

 

関連記事

カタル性口内炎とは|薬や何科に行けばよいかについて

 

カタル性口内炎の治療

カタル性口内炎の治療は、まずは口の中を洗浄剤で消毒殺菌する事が主になって来ます。

洗浄剤は市販のものがいろいろありますが、小さな子供さんの場合は薬局でその旨を相談してから決めるのが望ましいですね。

それでもなかなか治らない場合や繰り返す場合は、歯の不具合が原因で起こっている事も考えられます。

歯科に受診して原因になっているものを調べてもらう事が大切です。

 

疲労やストレス、栄養の偏りなどが原因のアフタ性口内炎

 

アフタ性口内炎は大人子供かかわらず、最も頻繁にみられる口内炎で、普通に口内炎と言えばこのアフタ性口内炎を指すぐらいです。

この口内炎の原因は未だに特定されていませんが、多くはストレスや疲労による免疫力の低下、貧血、出産後のホルモンバランスの変調や、抗生物質の連用などによって引き起こされると言われています。

 

子供さんの場合は特に偏食によるビタミンB群の不足、寝不足やストレスによる免疫力の低下が影響していると考えられます。

症状は白い幕が張ったような小さな潰瘍が出来るというもので、唇の裏側や舌など、口の中のどこにでも出来る痛いできものです。

 

関連記事

アフタ性口内炎の治し方や原因、薬について

アフタ性口内炎の治療は口の中の洗浄が第一です。

この口内炎の場合はカタル性口内炎よりも症状が局部的ですので、ステロイド剤の軟膏を付けてあげるのも有効です。

また、患部が露出しないようにして痛みを防ぎながら治療できる、ステロイド剤入りのパッチなどもあります。

 

あとは対症療法と共に、粘膜を強くする作用のあるビタミンB2やB6を含んだ飲み薬で栄養補給してあげる事が大切です。

最近では飲みやすいドリンクタイプなど様々なものが市販されています。

子供さんがどうも食欲がない時など、自分では意思表示が出来ない場合などは特に、口の中を一度点検してあげるような対処が大事ですね。

 

合わないゴム乳首などが原因のベドナーアフタ

 

アフタとは小さな潰瘍の意味で、ベドナーアフタは生後3か月程度の乳幼児に出来る口内炎です。

その原因は、常用している哺乳瓶の乳首が大きすぎるなど、口にうまく合わなかった場合にその刺激が元で潰瘍にまでなってしまうものです。

出来る場所は舌の側面や上顎、頬の内側などですが左右対象になって出来る事が多いです。

 

べドナーアフタの治療

このベドナーアフタは特に治療の必要は無く、哺乳瓶の乳首を適正なものにしてあげると10日ほどで自然に治ります。

赤ちゃんはまだ症状を自分で説明できませんので、口の中で不具合があってもなかなか気づきにくいものです。

哺乳瓶や口に入るおもちゃを使っている場合は常に口の中を観察してあげる事が大切です。

 

カビが原因のカンジダ性口内炎

 

小さな子供さんが何かの病気で薬を続けていたり体力が落ちている時は、稀にではありますがカンジダ性口内炎を起こすことがあります。

人間の身体には様々な種類の細菌がバランスを保ちながら常に存在しており、その内のひとつにカンジダ真菌というものがあります。

 

カンジダ真菌は普段は病原性はありませんが、何らかの原因で菌のバランスが崩れてカンジダ真菌が異常に増殖してしまうことがあります。

それが口の粘膜上で増殖した時にカンジダ性口内炎になってしまいます。

 

カンジダ性口内炎の特徴は、舌や頬の内側をはじめ、ほぼ口の中全体に白いカビ状のものがべったりと広がるというもので、よく見られるアフタ性口内炎の白い小さなできものとは明瞭な違いがあります。

最初のうちはその白いカビ状のものはガーゼなどで容易に剥がれ落ちますが、病状が進むと剥がれにくくなり、無理に剥がそうとすると出血を伴うようになります。

 

カンジダ性口内炎の治療

カンジダ性口内炎の治療は、口の中を清潔に保つと共に抗真菌薬を投与して処置をする事が必要です。

また、何らかの基礎疾患があってそのために投薬を受けている場合は、医師と相談して投薬の方針を変えるなどの対処も必要になります。

この口内炎は他の人への感染性はありませんが、何らかの基礎疾患が無ければ発症しにくいものですので、口の中の白いカビ状のものに気が付いたら必ず受診されることが大切です。

感染性がある子供の口内炎

 

親から感染するヘルペス性口内炎

 

ヘルペス性口内炎は、多くの日本人が保菌している単純ヘルペス1型ウイルスというものが、親を通じて小さな子供さんに初めて感染した時に発症する口内炎です。

その感染は食事の口移しや食器の共用など、日常の子育てのごく自然な行為によって起きてしまいます。

 

症状は他の口内炎よりも激しく、最初は39度以上の高熱が数日間続きます。

この時点でほとんどの方は受診されると思いますが、ヘルペス性口内炎の発熱の特徴は熱があるにもかかわらず咳や痰などの呼吸器系の症状がない事です。

数日続いた熱が下がると、それと入れ替わるように口の中の色々な所に口内炎が出来始め非常に痛みだします。

 

ヘルペス性口内炎の治療

治療は消毒や洗浄だけではまったく効果なく、小児科などに受診して抗ウイルス剤を投与してもらう事が必要になります。

今ではヘルペスウイルスの増殖を止める特効薬が何種類もありますので、出来るだけ早いうちに治療を開始する事で早い回復が望めます。

 

ヘルペス性口内炎は感染症ですので、症状が回復してもすぐに通園通学は避ける方が良いでしょう。

通常は回復してからも2週間程度はウイルスが体外に排出されると言われていますので、どのように対処するのか医師の指導が必要です。

 

ウイルスによるヘルパンギーナと手足口病

 

ヘルパンギーナと手足口病は、多くの子供さんが経験する関門の様なお馴染みの夏風邪ですが、こちらも感染性のある口内炎の症状が現れます。

これは腸管ウイルスの「コクサッキ―ウイルス」や「エンテロウイルス」に感染する事が原因で、現在のところこれらのウイルスに対しては特効薬がありません。

ただし、一度感染する事で免疫が出来てしまいますので、その後は再発しません。

 

ヘルパンギーナは発病と同時に38度以上の高熱が数日続き、口の奥から喉にかけて小さな水疱がたくさん出来、それが炎症を起こして喉が腫れて非常に痛みます。

一方の手足口病は、発病後の発熱はヘルパンギーナほどではありませんが、同じように口の中に水疱がたくさん出来て痛みます。

またその名のとおり、手や足の甲などにも水疱状の発疹が現れます。

 

ヘルバンギーナと手足口病の治療

治療は、両方とも現在のところ特効薬のワクチンがありませんので、発熱を抑え痛みを和らげる対症療法だけになります。

ヘルパンギーナは高熱を出しますので、対症療法を続けている間も小さな子供さんの場合は脱水状態にならないように特に注意が必要です。

また高熱が出る口内炎という点ではヘルペス性口内炎と非常に紛らわしい症状です。

 

ヘルパンギーナも手足口病も感染性がありますので、免疫を持っていない人には感染する可能性があります。

特に手足口病は免疫のない大人が感染すると、子供よりも症状が重くなると言われています。

まずは家族に移らないように、タオルや食器の管理、おむつの処理に気を付けるなどの感染対策が大切になります。

また、症状が無くなってからもしばらくは体内からウイルスが排出され続けますので、通園や通学の開始については医師とよく相談する事が必要です。

 

おわりに

 

大人でも痛くて辛い口内炎。

子供さんの場合は特に口の痛みによる食欲の減退がそのまま体力低下につながりがちですので、機嫌が悪く食べ物を受け付けないような時は、口の中を点検してあげる事が大切です。

口内炎は原因によってそれぞれ治療薬が違う場合がありますので、素人判断をせずに異変を感じたら出来るだけ早めに受診するようにしましょう。

また、感染性のある口内炎と分かった場合は、他の人への感染を防ぐための対処が大切です。