空気が乾燥しているとお肌の乾燥状態が気になりますね。

お肌の中でも特に乾燥を感じやすいのが口周りです。

唇が乾燥することによって皮がめくれ、傷が出来ることで口周りが黒ずんだりしてしまうことがあります。

また、乾燥による水分不足から色素沈着が起こって、黒ずみが出来てしまうこともあります。

そんな乾燥による口周りの黒ずみを起こさないために、口周りの乾燥ケアにおすすめな方法をご紹介します。

 

化粧品での保湿ケア

 

口の周りの乾燥や黒ずみを防ぐケアとしては、通常の顔用ローションに加え美容液やオイルマッサージなどがおすすめです。

口の周りにそのようなしっとりとした化粧品を付けるのは、少し気持ち悪いと感じるかもしれませんがこれは絶対必要です。

特にこれから冬に向けて乾燥が酷くなる季節ですので、口の周りの重点的な保湿ケアを心がけましょう。

 

口周りの洗顔

 

しっかりと洗顔することも乾燥を防ぐためには大切です。

口の周りの洗顔は意外と甘くなりやすい部位です。

口に水が入らないように敢えて避けてしまったりしている方もいるかもしれませんね。

そのような方は口の周りに洗剤などが残らないようにしっかりと洗顔料を洗い流し、清潔に保つことも心がけましょう。

 

唇専用のパック

 

最近フェイスマスクの他に、唇専用のパックというものが販売されています。

唇だけでなく口周りの広範囲をカバーするパックなので、口周りの乾燥や保湿に良い製品です。

よく洗顔して化粧水などをたっぷり使用してから唇専用パックをすれば、より唇や口周りの乾燥に効果を発揮します。

口周りの乾燥を防ぐので、口周りの黒ずみにも効果があるでしょう。

唇専用のパックはドラッグストアなどでお手頃に購入することが出来るので、非常におすすめな方法です。

 

加湿器を付ける

 

肌が乾燥してしまってからケアをするという方法だと、肌を潤わせるのに時間がかかってしまいます。

なかなか思うように肌が回復しなかったりと大変な思いをすることもあるでしょう。

従って肌が乾燥してしまう前に、部屋の空気を乾燥させないように加湿器を設置して空気を乾燥から守りましょう。

加湿器を付けているのと付けていないのでは、肌の調子が全く異なります。

また、加湿器を設置していれば口周りだけでなく、全身の乾燥も防ぐことが出来ます。

乾燥を防げれば口周りの黒ずみも出来にくくなりますので、乾燥が気になる場合には設置した方が良いでしょう。

 

マスクを装着する

 

加湿器がない外出先で口周りの乾燥を防ぐ方法はあまり無いですが、乾燥を防げる身近なものを挙げるとすればマスクではないでしょうか。

マスクというとウイルスやホコリなどの侵入を防ぐものというイメージがありますが、肌の乾燥を防ぐのにも役立ちます

マスクをすることで自分の息から出る水蒸気がマスク中で広がるので、そのお陰で口周りの乾燥が防げます。

外で乾燥が気になる時にはマスクを装着してみて下さい。

 

おわりに

 

乾燥による口周りの黒ずみを予防するには、やはり肌の乾燥を防いで保湿を怠らないということが大切になります。

空気を乾燥させないようにして、口周りの水分や油分が逃げないようにケアする方法で、口周りの黒ずみを起こさないようにしましょう。

また、口周りの黒ずみが出来てしまっても、適切なケアをして黒ずみを目立たなくするようにしましょう。