口周りの黒ずみは自己流のケアでは改善に時間がかかり、納得のいく形での改善は難しいです。

ファンデーションやコンシーラーである程度カバー(目立たなく)出来ますが、一時的なものであり根本的な改善にはつながりません。

また、最初は隠せても徐々に不自然になっていってしまいます。

口周りはデリケートなので年齢と共に黒ずみが酷くなってしまったり、自己流のケアでトラブルを引き起こしたりと悪影響を及ぼしてしまうことも少なくないです。

やはり一番の改善策としては皮膚科での根本的な治療をおススメします。

そこで、口の周りの黒ずみを皮膚科で治療する際はどのような方法を用いるのかを見ていきましょ

 

ケミカルピーリング

 

黒ずみの原因は、「メラニン」という黒色色素です。

このメラニンが肌のいちばん表面である角質層に浮き上がってきたところを取るのが「ケミカルピーリング」です。

取ると言ってもカミソリなどを使って削っていくわけではなく、酸性の薬を塗ってメラニンを浮き上がらせて拭き取っていきます。

この薬は顔の皮膚にとってとても刺激の強いものなので、皮膚科医が患者の肌の状態を見て複数の薬から最もその人に合った薬を選択して使用します。

ケミカルピーリングは古い角質をはがして除去する方法なので、メラニンの改善だけではなく、にきび痕やシミにも効果があります。

また、口の周りは胃腸の調子が悪いときに荒れやすく、皮脂の分泌によって角栓がつまりやすい箇所です。

「色素沈着というほどではないけれど何となく口周りがくすんでいる気がする」という人もケミカルピーリングを受けることによって蓄積した角質が除去され、すっきりとした肌色に戻るかもしれません。

効果には個人差があり1度で効果を実感できる人もいれば、日を置いて何度か受けることによって徐々に効果が出てくる人もいます。

アフターケアとして特に保湿と紫外線ケアをしっかり行い、紫外線が強い夏よりも秋や冬など紫外線量が少ない時期に行うとデリケートな口周りの皮膚への負担を軽減出来ます。

 

レーザー治療

 

この方法は肌にレーザーをあてることで治療していきます。

機械から照射されるレーザーが肌のメラニンを破壊していきます。

また、このレーザーの光は肌の表面だけではなく、真皮層という肌の内側まで入ることができます。

そのため細胞が活性化されメラニンが改善されるだけでなく、肌のキメが整ったりニキビが改善されたりという嬉しい効果もあります。

レーザー治療にはいくつかの種類があり、フォトフェイシャル、レーザーフェイシャルなどさまざまな名前がついています。

種類によって痛みの度合いや効き方が違ったり、複数回通う必要があったりします。

近くの皮膚科がどんな種類のレーザー治療を行なっているかをホームページなどで確認してみましょう。

レーザー治療のアフターケアとして、摩擦や刺激を受けないようにスキンケアやメイクはやり過ぎないように気を付けます。

口周りをいたわりながらケアやメイクを行うことでトラブルを引き起こしにくくします。

 

イオン導入

 

この方法は美白効果のある成分である「ビタミンC」や「トラネキサム酸」などの美白成分を電流を使って肌に与えてく治療方法です。

ケミカルピーリングでは効果が薄い場合に行われる治療方法です。

イオン導入は皮膚から吸収しにくい成分をイオン化し、皮膚の深部まで浸透させていく方法です。

美白成分を含んだ化粧品は多く販売されていますが、化粧品をただ肌に塗っても効果を引き出すのは難しいです。

そこでイオン導入を行うと成分の浸透性を高めて美白成分を肌の奥まで届けることが出来、効果を実感しやすくして肌の奥まで美白成分を届けて黒ずみを改善させる力も高めます。

 

皮膚科で黒ずみ治療をするときの注意

 

治療によっては、その後すぐにお化粧ができなかったり、痛みが生じたりすることがあります。

仕事がお休みの日に行くなどの工夫が必要です。

また、人によっては体調が悪くなったり痛みが強かったりすることもあります。

何か不調が起こったときには、すぐに治療を受けた皮膚科に相談しましょう。

ピーリングやレーザーの効き目は個人の肌質や体質によって違うものです。

中にはイメージするよりも効果が表れにくい人もいるかもしれませんし、何度も通う場合は数万円の金額がかかる場合もあります。

受ける前に、きちんと皮膚科医と相談する必要があります。

 

口周りの黒ずみの多くは産毛処理によるもの

 

口の周りの黒ずみの原因は様々ですが、最も多いのは産毛の自己処理が原因のものです。

気になる産毛を、あまり時間を置かずに連日カミソリなどで処理した結果、体の中でも特に刺激に敏感な顔の皮膚は負けてしまいます。

その他、紫外線によるもの、スキンケア時の摩擦によるもの、乾燥や睡眠不足によるターンオーバーの乱れなど、黒ずみの原因は日々の生活の蓄積にあると言えます。

このような状態になると自分でケアするのは難しいので、皮膚科などの専門機関に相談しに行きましょう。

 

おわりに

 

口の周りの黒ずみを改善するには皮膚科で「ケミカルピーリング」「レーザー治療」「イオン導入」の治療方法を行うことで、肌に有効成分が入りやすい環境を作ることができます。

また黒ずみの原因であるメラニン色素を除去することで、自己流のケアよりも効果的な改善につながることでしょう。