気になる口周りの黒ずみ。

特に女性の場合は「できるだけ目立たないようにしたい」「早く治したい」と思うのではないでしょうか。

黒ずみを早く消すためには、化粧品よりも薬の方が効きそうな気がしますよね。

ですがドラッグストアや薬局に口周りの黒ずみに薬は売っているの?

この記事ではそんな疑問にお答えしていきたいと思います。

 

化粧品と医薬品の違いって?

 

化粧品と医薬品の違いは、平たく言えば成分の違いにあります。

ドラッグストアに行くと化粧品は自由に見ることができますが、医薬品は薬剤師のいるカウンターの中にあって自由に見られなかったりします。

相談して購入するようなディスプレイになっていることが多いですよね。

これは医薬品の方が体により強く作用する成分を持っているからです。

逆に言えば医薬品の方が化粧品よりも「体に変化を起こしてくれる=効く」ということになります。

 

医薬品と化粧品の中間である「医薬部外品」

ちなみに医薬部外品は、医薬品と化粧品の中間的な存在です。

医薬品に比べて緩やかに作用します。

医薬品には厚生労働省が「効果あり」と認可した成分が配合されています。

たとえば化粧品に「シミに効く」と表示されていてもそこに入っている成分は、効果が検証されていない不認可の成分かもしれません。

しかし、医薬品であればそんなことはありません。

医薬品が「シミに効く」と表示しているからには、何らかの科学的根拠が必ずあるのです。

 

市販薬って効果はあるの?

 

医薬品を購入するには、病院で処方してもらうのがいちばん速くて確実です。

ですが「口の周りの黒ずみくらいで病院に行くのはちょっと」と躊躇してしまう人が多いのではないでしょうか。

実際、街中の皮膚科ではアトピーや蕁麻疹など、皮膚の病気で来院している人が多くて混雑している上、医師の中にも「黒ずみくらいで病院に来るな」という態度を出す方もいます。

結果的に期待していたような効果のある薬を出してもらえなかったのでは、時間と労力の無駄遣いになってしまいます。

そんなとき頼りになるのが、ドラッグストアで手に入る市販薬です。

 

市販薬の理解を深める

「医師に処方してもらう薬と、どう違うの?」と思われる方がいるかもしれませんが、これは例えるなら、塾の授業と家庭教師の違いのようなものです。

塾では「大勢の生徒に向けて」より一般的な授業をしますよね。

一方、家庭教師は「その子だけに合わせて」ピンポイントの授業をします。

医師に処方箋を書いてもらって出る薬は、その人の状態にピンポイントで合わせたものです。

一方で市販薬は、似たような症状を持つ誰にでも、ある程度は効果があるように調整されています。

処方薬の方が効果が高いのは当然ですが、一般薬に効果がないかと言われればそんなことはありません。

病院に行くほどでもない風邪を市販薬で治すように、それほどひどくないシミや黒ずみなら市販薬にも充分に効果は期待できるのです。

 

黒ずみに効果がある市販薬一覧

 

口の周りの黒ずみはシミなので、「シミに効く」と謳われている市販薬には、ある程度の効果が期待できます。

ですが残念ながら、黒ずみに特化した市販薬(医薬品)はほとんどないのが現状です。

そこで今回は、医薬品に近い「医薬部外品」から、効果の高いものを紹介します。

飲み薬

黒ずみに効く成分として代表的なのは、ビタミンC、ビタミンB、Lシステイン、トラネキサム酸などです。

ドラッグストアの管理されている棚で売っているものは、コンビニでも売っているような普通のサプリメントに比べ、これらの成分がより多く含まれているため効果的に働くよう配合されています。

黒ずみをなくす飲み薬は即効性を感じにくく、続けることが大切です。

経済的な負担も考慮しつつ、口周りの黒ずみを直接薬剤師さんに見せるなどして、より効果的な成分を持つ薬を選びましょう。

・おすすめ:「ハイチオールC」(エスエス製薬)

「プラス」や「ホワイティア」などの種類がありますが、成分はほぼ一緒です。

LシステインやビタミンCを配合し、美白に特化した医薬品になっています。

肌のターンオーバーを促し、メラニンの生成を抑えるという「美白肌を作るための王道」を追求した市販薬です。

また、おすすめの飲み方は、肌荒れを改善するビタミンBを配合した飲み薬との併用です。

例えば同じ製薬会社から出ている「チョコラBB」などは、成分的に相乗効果が期待できる相性を持っています。

ただし、併用は体質によっては危険な場合もありますので必ず薬剤師さんに相談しましょう。

 

塗り薬

黒ずみに効くとして化粧品に配合されている成分は、ビタミンCやアルブチンなどが有名ですが、「ハイドロキノン」という成分をご存知でしょうか?

「皮膚の漂白剤」という異名を持ち、シミや黒ずみを消す成分として厚生労働省からも認可を受けています。

その効果の高さから、処方薬で使われているのが一般的です。

ただし、このハイドロキノンを市販薬として販売できるぎりぎりの量まで配合した塗り薬や化粧品も販売されています。

気になる方は、化粧品や医薬部外品の成分表示をぜひチェックしてみてください。

・おすすめ:「オバジHQブライト二ングナノセラム」(ロート製薬)

ロート製薬の販売する「オバジシリーズ」はもともと、美白化粧品として評価が高いものですが、このセラムは医薬品ではないもののシリーズの中でも特に黒ずみに効果が期待できます。

ハイドロキノンは酸化しやすいという特徴を持っており保存が難しいのですが、ロート製薬独自の技術により長期間安定するハイドロキノンの状態を作り出すことに成功してそれを配合したものです。

使用の際は、オバジシリーズをラインで使うことで、より高い効果が期待できます。

お値段が張りますが、口周りの黒ずみだけなら1度の使用にそれほどの量を使わないことや、使用は夜のみという商品なので、いったん購入すればある程度長く続けられるのも魅力です。

 

まとめ

 

市販されている医薬品の中に口周りの黒ずみに効くものは見つけづらいのですが、成分を知ることによって医薬部外品の中にも、医薬品と同程度の効果が期待できるものを探すことができます。

医薬品や医薬部外品は化学的に効果が実証されている成分が配合されていて、しかも組み合わせによってその効果をより高く発揮することができます。

たとえばドラッグストアに行き、お目当ての商品が誰でも手に取れる棚にあったとしても一度は薬剤師に相談してみてはどうでしょう。

薬剤師は配合されている成分や効果について、専門的に学んできている人たちです。

きっと、よりよい飲み方や組み合わせ方を教えてくれるはずです。