口周りの黒ずみが気になりだした方で、市販の化粧品を使って目立たなくしている方も多いのではないでしょうか。

確かにこの黒ずみは専用の化粧品を使うことで少し薄くなる方もいます。

ただ、少し目立つくらいに黒ずんできた場合は、化粧品を使用するよりもレーザー治療をおすすめします。

しかし、レーザー治療というと少し怖い印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではその痛みの有無とリスクについて見ていきましょう。

 

レーザー治療って痛みはあるの?

 

レーザー治療を行う場合、まずは美容皮膚科か普通の皮膚科に相談することになります。

肌を綺麗にしたいと考えている方であれば、美容皮膚科に行くと良いでしょう。

そしてそこでレーザー治療についての説明を受け、納得した上で治療を進めていく流れになります。

そのクリニックによって使用するレーザー機器に少し違いがあるので、痛みについても多少の違いがあるでしょう。

顔に照射するタイプであれば、あまり強いレーザーを照射することはないので基本的に痛みを感じることは少ないです。

レーザー治療で口周りの黒ずみを治療するには、「焼き切る」と考えている(イメージしている)方もいるかもしれません。

ですが実際は肌の深層部に働きかけ自身のもつターンオーバーの力を利用し、黒ずみを少しずつ薄くしていく流れになるので、あまり怖がることなく治療を受けることができます。

 

レーザー治療のリスクについて

 

口周りのレーザー治療を行う場合は弱い照射を月に一回、それを何回かに分けて行う流れになります。

そのため万が一肌に異常が出れば、すぐに治療を中止すればよいのでリスクについてはかなり低いと考えられています。

また、焼き切るようなレーザーとは違うため、化粧品で荒れてしまうような「かなりの敏感肌」でなければ特に問題ないと考えられています。

ただ、どうしても心配な方は、事前に美容皮膚科の専門医に申し出た方がいいでしょう。

そうすることで自分に最適な治療方法と、その後のアフターケアの方法を説明してもらえます。

また、敏感肌の方の場合、一度目立たない肌の部分でレーザー治療を試してから、レーザー治療しても荒れないことを確認した上で治療を開始してもらうという流れになることもあります。

 

レーザー治療はお勧めできる?

 

現在、黒ずみが気になってコンシーラーやファンデーションなどで隠している方もいるでしょう。

特に口周りはひげのように見えるので、女性の方であれば気にせずにはいられません。

この際リスクも痛みも少ないレーザー治療で、きれいさっぱり黒ずみをなくしてしまっても良いかもしれません。

気になる方はこれを機に、一度皮膚科へ相談に行ってみてはいかがでしょうか。