「最近、口の周りが黒ずんで見える…」そんな風に感じたことのある女性は多いのではないでしょうか。

口の周りの黒ずみは産毛処理が不十分な場合もありますが、もしも除毛しても黒ずみが残っているようなら、その原因は「色素沈着」かもしれません。

 

色素沈着って何?

 

人間の肌には「メラニン」というものがあるという話は耳にしたことがあると思います。

髪や肌に色があるのは、このメラニンという色素の働きによるものです。

この色素が強く肌に沈着している状態が「色素沈着」。

色素が肌の表面に濃く残留して、いわゆる「シミ」という状態になっているのです。

シミと言えば顔や肩、また手の甲などにできるイメージが強いですが、実は肌のどこにでもできる可能性があります

。口の周りが黒ずんで見える場合には、口の周りメラニン色素が沈着している状態、つまり薄いシミができている状態になっている場合が考えられるのです。イ

メラニン色素には、「フェオメラニン」と「ユーメラニン」の2種類があります。

「フェオメラニン」は白色人種に多い、赤みのある薄い色の色素。「ユーメラニン」は黒人や黄色人種などに多い茶色っぽい濃い色の色素。

この配合は個人によって違うので、シミができやすい人とできにくい人がいるのですね。

しかしどちらにしても、日本人はより濃い色の「ユーメラニン」が多いので、肌に色素沈着が起こったときにはより目立ってしまうのです。

 

メラニンは肌にとって大切な働きをする?

 

ここまで読むと、「メラニンなんてなければいいのに…」「メラニンが出ないようにしたい!」と思う人もいるかもしれません。

ですが実はこのメラニンは人間の肌にとってとても大切な働きをしているのです。

外で太陽の光を浴びると、私たちの体は紫外線にさらされます。紫外線を浴びた皮膚の表面は、「活性酸素」というものを作り出します。

この活性酸素は肌を守る働きをしてくれるので、適度に紫外線を浴びることは肌にとって必要です。

が、紫外線をあまりにも浴びすぎてしまうと、活性酸素が過剰に作られ、肌にダメージを与えてしまうのです。

ここで登場するのがメラニンです。

肌の表面(表皮)よりも奥にある「真皮」という部分には、「メラノサイト」という細胞があります。

紫外線を浴びすぎた表皮から「助けて!」という指令が来ると、このメラノサイトはメラニンを作り出し、褐色の色素を作り出して肌の表面へとせっせと送り出すのです。

メラノサイトがメラニンが作り出してくれるおかげで、実は私たちの肌は紫外線から守られているのです。

 

色素沈着はなぜ起こるの?黒ずみの原因なの?

 

色素沈着は、たとえば紫外線を短時間浴びただけでは起こりません。

健康な皮膚には、新しい細胞を生み出し、古い細胞を自然に剥ぎ落とすというターンオーバーのシステムがあるので、生成されたメラニンは古い皮膚とともに排出されるからです。

日焼けした肌が一生そのまま色が戻らない、ということはないですよね。これと同じメカニズムです。

ただし、このターンオーバーのバランスが崩れると、メラニンによる黒ずみは元に戻りづらくなってしまうのです。

具体的には、

 

①紫外線を長時間浴び続ける。

②肌をタオルで強くこすることが日常化している。

③ローラーなどの機器で強く何度もマッサージをする。

④カミソリで毎日のように産毛を剃る。

⑤合わない化粧品を使い続ける。

 

このようなことは肌のターンオーバーのシステムを阻害してしまいます。

例にあげた5点に共通していることは、「強い刺激を与えること」です。

刺激を日常化させるのが、色素沈着の大きな原因なのです。

 

まとめ

 

口の周りの黒ずみは色素沈着が原因かもしれない…。

思い当たる点はあったでしょうか?肌は刺激に弱いものですが、特に顔の皮膚は胴体よりも薄くデリケートにできています。

ちょっとした刺激も、日常化すれば色素沈着につながります。

日本人はメラニン色素が濃いので、ちょっとした産毛でも気になってしまうことが多いのはわかりますが、肌に与える刺激と相談しながらケアすることをお勧めします。